• ホーム
  • アフィリエイトを始める際にまず知るべき禁止事項

アフィリエイトを始める際にまず知るべき禁止事項

2019年06月07日

アフィリエイトには様々な方法がありますが、始める時には守るべきマナーがあり、マナー違反にならないように取り組むことが重要です。そこで、アフィリエイトを始める時の注意点をご紹介してみたいと思います。

まず、アフィリエイトの方法の一つとして挙げられていることにリスティングがあります。リスティングは検索した時にその結果よりも上に表示される広告つきの検索結果のことで、検索キーワードに関連した内容に基づいて示されています。基本的に、このリスティングは検索結果の一つのスタイルと言えますが、このリスティングをアフィリエイトを目的に行うと、広告主によって禁止事項になります。

その理由は、広告主がリスティングをしているので、競合してしまうことになると困ると言う事です。そのため、リスティング広告は原則禁止となっていることが多いと言われますので、この点は注意が必要とされています。

また、アフィリエイトを行う場合には、記事内容や表現に気をつけることも必要とされており、薬事法違反になってしまう表現であったり、公序良俗に反するような内容になってしまうことは禁止事項とされているのです。

記事内容が明らかな過大広告になっていたり、読者にインパクトを与えるために公序良俗に反する内容になっているのなら、広告主から禁止されることが多くなります。コスメや健康食品、薬品に関する内容についての記事は薬事法で禁止されている表現があり、健康系の商品を多く扱っているアフィリエイターほど気を付ける必要があります。

薬事法違反は法律によって禁止されており、薬事法に触れそうな健康食品や薬剤についてアフィリエイトを行うことは、消費者庁などからの指導が入るケースもあり、基本的には避けた方が良いという意見もあるといわれていますので、特に注意をしておきたいところです。誇大広告などの点についてはマナー違反にもなりますので気を付けてアフィリエイトを行うことが重要です。

さらに、アフィリエイトで収益がある場合、一定以上の金額になった時には所得税等の税金を納める必要があるため、所得税等の税金の事についても知っておくことも重要です。

このように、アフィリエイトを行う時にはリスティングや薬事法違反などにならないように注意が必要です。さらに、公序良俗に反したり過大広告にならないようにしていくことが不可欠で、注意すべき禁止事項について知った上で始めるようにしましょう。