• ホーム
  • 新規ドメインと中古ドメインのメリットとデメリット

新規ドメインと中古ドメインのメリットとデメリット

2019年06月25日

アフィリエイトを行う場合には使用するドメインも大切なポイントだと言われています。
ドメインには新しい新規ドメインと、以前誰かが使っていたことがある中古ドメインがあります。
どちらのドメインにもメリットとデメリットがありますので、メリットだけでなくデメリットもよく検討してドメインを選定しましょう。

新規ドメインは新しいドメインで、これまでの使用履歴が無いという特徴があります。
このようなドメインは、サイトのテーマに合うオリジナルのドメインが取得でき、取得費用も中古ドメインと比べると低めと言ったメリットがあります。
新たにドメインを取得するため、心機一転を図ることが出来、モチベーションアップにもつながると言えます。

一方、デメリットとして挙げられている点に、検索エンジンからの評価をという点で時間がかかることがあります。
そのため、被リンクを得るのが難しいということや長期的な視点でサイトを運営していく必要があるため、すぐに売り上げにはつながりにくいかもしれません。

中古ドメインはオールドドメインともよばれ、昨今アフィリエイターたちの間で注目されています。
中古ドメインは運用履歴をもちますので、検索エンジンのシステムに対してある程度のなじみがあるため、新規のものよりSEO対策や外部対策になるのではないかと注目されています。

このようなオールドドメインは過去にサイトとして使われた運用歴があり、以前獲得した被リンクやトラフィックもそのまま期待することが可能です。
被リンク等の価値や外部対策などの点でも集客への期待ももてます。

正攻法手段の被リンク集めもしやすく、間違った手段で被リンクを集めない限りは検索結果に悪い影響が出たり、ペナルティを受ける可能性は低いと言えます。
さらに、被リンク数が大きく、被リンクのしっかりあるオールドドメインなら、このようなリスクは減るでしょう。
リスクを減らすためにも、導入の際には高品質な中古ドメインを販売しているサイトでの購入をオススメします。

そのことは中古ドメインによる外部対策にも繋がり、検索順位上昇への期待感もあります。
これらの利点からトラフィックが向上されていくと、自然にアフィリエイトの結果にも良い形で影響すると言えます。

しかし、サイトの質が低かったりEATがよくないサイトであれば、この様なアドバンテージは期待できにくくなってしまいます。
過去にサイトが運営されていた以上、そのサイトの被リンクへの活用が期待できますが、被リンクの質が低かったりEATが低い場合には、期待通りの成果につながりにくいということがオールドドメインのデメリットです。