• ホーム
  • 読者の目を惹く「売れる記事」の書き方

読者の目を惹く「売れる記事」の書き方

2019年05月21日

アフィリエイトを行う場合、読者が読んでみて興味を持つような記事を書くことが大切です。では読者の目を惹くような売れる記事を書くためにはどうしたらよいのでしょうか。そのような記事の書き方については、文章はダラダラと書けばいいというのではなくて、読者が読みやすいように書くことが大切です。そのためにはどんな情報を伝えたいのかと言う事を考えて、文章の構成を考えたり、整えたりすることが必要です。

読者の興味を惹くためには、キーワードを含めると言う事も大切です。キーワードとは、ある情報について知りたい人がどのような言葉で検索しているのかというのを示している単語のことです。例えば、コスメについて知りたい人がコスメについて調べている時、化粧品、美白という言葉で調べているなら、美白化粧品について知りたいと言う事だと言えます。

このような検索に用いられるキーワードには、何回も検索に使われている言葉とそうでないものがあると言われています。そして、検索量の大きなキーワードはビッグワードと呼ばれ、アフィリエイトの成否に影響すると言われます。
ビックワードに注目してコンテンツ記事を作成することはアフィリエイト文章をより魅力的に見せることになりますので、このようなビックワードは積極的に取り入れるのがおすすめです。ビッグワードを用いて文章を書いていく時には、ロングテールを目指していきましょう。

ロングテールとは書いた記事がヒットして、その記事が長い間多くの人々に読まれる状態のことを言います。ちょうど、演歌歌手の演歌のヒットと同様に長い間人々に歌い続けられていくようになります。ロングテールは一つの記事が長い事多くの人々に読まれ続けられるという状態で、このようなロングテールがあれば、そのサイトには多くの人々が訪れるでしょう。

しかし、このようなコンテンツ記事を書くと言う事は、いろんな書き方について書かれた文章を読んでも難しいと思うことも多いのではないでしょうか。そのような時には、キーワードを用いたコンテンツライティングが得意なプロライターに依頼して書いてもらうという方法もあります。

基本的に読者の目を惹く売れる記事は良く更新されているサイトにあることが多いです。更新がストップしている記事ならきっと読者も魅力をそれほど感じないでしょう。そのサイトの更新は重要で、文章の量を増やしたり、構成を整えたり、アフィリエイトのボリュームを増やしたい時などは、プロライターに様々な記事を書いてもらうのは良いポイントです。